古酒

古酒
日本酒を長期間熟成させた古酒。肉や魚の熟成ブームに刺激され日本酒の古酒も注目をあびています。通常の日本酒にはない、独特の味わいや香りを楽しむことができます。

何年熟成させれば古酒になるという酒税法上の厳密な決まりは特にありません。酒蔵などから構成される長期熟成酒研究会では、満3年以上蔵元で熟成させた、糖類添加酒を除く清酒を熟成古酒としています。
本醸造酒・純米酒を常温熟成させ味や香りが劇的に変化する濃熟タイプ、吟醸酒・大吟醸酒を低温熟成させほどよい苦みと香りの淡熟タイプなどに分けられている場合もあります。
古酒は飲むときの温度帯によっても、大きく味わいが変わります。古酒ならではの熟成香と豊かな味わいが広がるぬる燗からはじめて、いろいろな温度で楽しんでみてください。

岩瀬酒造 岩の井蔵 秘蔵古酒20年300ml
岩瀬酒造 岩の井蔵 平・和の調べ375ml
飯沼本家 平成16年醸造 濃醇旨口
飯沼本家 純米吟醸古酒 汲古 300ml
東薫 長期熟成酒原酒300ml
純米大古酒 蔵の白梅 梅一輪720ml
タイトルとURLをコピーしました